EDになる原因を知る

EDになる原因を知る
EDの原因は人によっても様々あり、間違った治療をしてもEDを治療できる訳ではありません。EDには大きく分けて4つの原因があげられます。

ストレスで起こる心因性のED
若い男性がなりやすいのがこの心因性のEDです。精神的なストレスによる勃起不全で、興奮していても神経に上手く伝達されずに勃起しない状態です。仕事のストレスや就職活動など、自分を追い込んでしまうことでEDになってしまいます。また、夫婦間でも子作りが中々うまくいかないことや、パートナーから受けた性への指摘などでもEDになってしまうことがあります。その場合は奥さんやパートナーと話し合い、解決ことが先決です。また、シアリスといったEDの治療薬を頼りながらEDを治療する手もあります。

神経障害、血管の異常による器質性のED

男性の体の異常は勃起不全に繋がる場合があります。ペニスは血管が広がり血液が流れ込むことで勃起をします。しかし血液循環が悪くなると血液が上手く流れなくなります。また血管が硬くなる動脈硬化もEDの大きな要因です。動脈硬化も血液循環が届こうってしまう為ペニスに血液が正常に流れ込まなくなります。
他にも、神経系の怪我を負ってしまった場合や神経系の病気、泌尿器系の病気を患ってしまった男性もEDが起こりやすいのです。

心因性と体の異常で起こる混合型のED

上記のストレスと神経や血管の異常の2つが混ざりEDを発症する男性もいます。例えば、何らかの事故に遭い神経が傷ついてしまった場合は入院のストレスや身体的なストレスも重なりEDになってしまうケースもあるのです。他にも男性ホルモンの低下、糖尿病、脊髄損傷といった症状で引き起こされるのも混合型EDです。

病気の治療薬を服用して起こる薬剤性のED

またお薬によって勃起ができなくなってしまう男性もいます。神経系に作用のある抗うつ剤など神経に働きかけるお薬は勃起不全を起こしてしまうことがあります。

まとめ

いかがでしたか。勃起不全・勃起障害であるEDは男性の誰もが起こりうることです。日頃からのケアがとても大切になってきます。そこでEDの改善としてED治療薬を用いた治療がされます。男性に生まれてきなからにはEDを克服して男性としてセックスを存分に楽しみましょう。
couple